洗練されたハイジュエリーを生み出すBISHOの工房による宝石リフォームの世界観

今回のポストは宝石リフォームに関する内容です。

デパートでの宝石リフォームフェアやリフォーム専門店で宝石を作りかえる場合、お手持ちのジュエリーにセットされている石を外し、既製のリング枠やペンダント枠にセットすることで新たなデザインとして蘇らせるという案件が多い中、弊社ジュエリーサロンの工房では、既製の枠を使用した(いわゆるパターンオーダーによる)リフォームよりも、1点ものとして一からデザインを起こすリフォーム案件の方が多くの割合を占めます。

例えばこちらの簡単なラフ画は、プリンセスカットのダイヤモンドリングをペンダントにリフォームして欲しいというご依頼を受けて描いたものです。

宝石リフォーム_ダイヤペンダント_01

正方形ではない微妙に長方形のダイヤモンドの特徴を上手く生かすべく、右下の片側に小さいダイヤ(メレダイヤ)を一列セッティングしてみました。

そうすることで、元の長方形ではなく正方形のペンダントトップとして楽しんで頂けます。

元のリングとラフ画はこちら。

bisho_blog_eyecatch_reform_1_1200630

脇石のトリリアント(三角形)のダイヤモンドも可能な限り使用して欲しいというリクエストでしたので、ペンダントのチェーンを通すバチカンと呼ばれる部分に三角形のダイヤを使用することにしました。

完成品がこちらになります。

bisho_blog_eyecatch_reform_2_1200630

こちらでお客様にご負担頂いたリフォーム費用は10万円+税(元のリングの地金を下取り・相殺した費用となります)。

既製の地金枠を新しいデザインの枠に交換するだけのリフォームではなく、弊社が本来得意とするオートクチュール・ジュエリーの加工技術と世界観により、時代のトレンドに左右されることのない、時空を超えて愛されるジュエリーをご提案できると自負しております。

また、弊社ジュエリーサロンBISHOが掲載されている書籍には、ジュエリーの加工技術のみならず、脇石にもこだわる徹底した品質担保についても触れて頂いております。

ご褒美ジュエリーBOOK_01

ご褒美ジュエリーBOOK_02

掲載書籍名は昨年発売された「ご褒美ジュエリーMy Style Book」。東京エリアのブルガリ、カルティエ、ヴァン クリーフ&アーペル、ハリー・ウィンストン、ショーメ、ブシュロン、ダミアーニ、ミキモト、タサキ等のトップジュエラーズと並んで、大阪エリアからは弊社ジュエリーサロンBISHOが登場しております。

ご褒美ジュエリーMy Style Book

掲載内容は下記リンクより閲覧可能です(PDFファイル)。

■ジュエリーショップガイド「ジュエリーサロン美尚」

http://jewelryshop-guide.com/wp-content/uploads/pdf/p112-113.pdf

尚、特設ウェブサイトでも書籍と同じ内容が閲覧可能となっております。

■特設ウェブサイト:

http://jewelryshop-guide.com/bisho

■Amazon「ご褒美ジュエリーMy Style Book」

http://www.amazon.co.jp/dp/490723712X

宝石のリフォームにも様々な手法や世界観があるということを、少しでも多くの方に認知して頂けることを切に願っています。

 

—–

<1981年創業の信頼と実績>
大阪府箕面市に佇む地域密着型の宝石店。
500円のネックレス修理から、リフォーム、オーダーメイド、高価買取まで。
サイズ直しは1,000円で即日仕上げ可。

■店内工房をもつジュエリーサロン美尚■
公式HP: http://www.jewelrybisho.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/jewelrybisho/
LINE@ウェブサイト: http://lineat.jp/bisho/

関連記事

  1. 宝石リフォーム・修理 20%OFF キャンペーン【LINEク…

  2. エメラルドリングリフォーム

    既成枠を使用しないジュエリーリフォームがお洒落

  3. 指輪の爪を磨くだけで今風のデザインに☆

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP